2014年05月14日

血液検査

櫻蘭が慢性腎不全との診断を受けて1ヵ月が経った。

このひと月の間、変更した腎臓ケア用のフードにドボドボの水とクレメジンを足して食べさせ、、血管拡張剤を飲ませていた。

食いしん坊の娘さんは、お茶漬け状態のフードを問題なく完食してくれ、嫌いなお薬もビーフ味付きの為か、吐き出さずに飲んでくれ父母の負担を軽くしてくれていた。

そして、その効果の程を知る為に血液検査へ。

もぅ、病院の待合室に入っただけでブルッブルッの櫻蘭。

診察台の上では何度も逃げ出そうと試みておりましたが、注射針を刺されると諦めたのか、大人しく採血させてくれました。

櫻蘭のストレスは相当のものと思われ可哀そうで仕方が無く、このような状態になってしまった事が悔やまれてならない。

結果は、BUN(尿毒素)は、前回42だったのが今回は30.1
Cre(腎機能)は、前回2.3だったのが今回は2.1と、下がってくれていて効果はみられた。

が、両方とも基準値を超えている事には変わりなくCreにいたってはやっぱり高めだった・・・

かかりつけの先生は、数値が下がっているから現状の治療を続けて3ヶ月後に血液検査をしましょう。
皮下補液療養は今は必要ないでしょうとの事だった。

病院での櫻蘭の姿から考えれば、病院に来る回数は少ない方が良いので、毎月薬だけを貰う事にして、再検査は3ヶ月後にした。
posted by Sakura母 at 22:29| Comment(0) | 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月12日

慢性腎不全

4月8日、狂犬病注射のをする為に病院へ。

フィラリアの検査もお願いし、採血するのだからと健康診断も依頼した。

検査結果は2週間後に来て下さい。
問題があれば、連絡しますがとの事だった。

まさか、電話がかかってくるとは思っていなかった。

「珊瑚は問題ないが、櫻蘭に少し気になる数字がでているので近いうちに来てください」と・・・

その日のうちに病院へ。

尿素窒素が42、クレアチニンが2.3と基準値よりも高く、慢性腎不全の疑いがあるとの事で、エコーで腎臓を見てもらうとやはり小さいらしい。
尿検査は、異常なし。

珊瑚の値は標準値なので、発症原因は食生活等ではなく加齢からくるものでしょうとの見解だった。

腎臓は治る事はないので、今の状態を維持するしかない。

治療方法は、
①皮下点滴
②血管拡張剤 フォルテコールの投与
③活性炭製剤【クレメジン】の投与
④腎臓用のフード
で、現時点では②③④で様子を見て、1ヶ月後に血液検査をする事にした。

当の櫻蘭は、食いしん坊健在で食欲もあるし、珊瑚を追いかけて走り回っている程元気だし、病的症状は皆無でいつもと何ら変わりがない。

健康診断をしなかったら、全く分からなかっただろう。

早期発見できたのだから、大丈夫!
この病と上手く付き合っていこうね。
posted by Sakura母 at 19:50| Comment(2) | 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月30日

駒沢公園動物病院 -4-

帰宅したサクンゴは、ご飯を食べてすぐに眠った。
麻酔の影響と余程疲れたのと両方なのでろう。
その姿を見て、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいになった。
どうしてもっと体力のある時にやらなかったのだろう。
Sakuraの歯が抜け始めた時に治療を始めていれば、こんなにも負担を掛けなくてすんだのにと後悔したのです。。。

これから1週間、サクンゴが口に出来るのはドライフードとお水のみ。
おやつ・フルーツ・イモ類・ささみもダメで、
さらに1ヶ月間はオモチャで遊ぶ事も禁止です。

手術をして綺麗になった歯を見て「やって良かった!」と手放しで喜ぶ事は今は正直できません。
きっと、「やって良かった」と素直に思えるのは先の事になるでしょう。

Sakura・珊瑚、ごめんね・・・。

あと母が出来る事は、この状態をできるだけ保てるようにケアする事だけです。続きを読む
posted by Sakura母 at 10:34| Comment(2) | 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする