2017年12月16日

49日に・・・

12月15日、櫻蘭の49日に偶然にもアニマルコミュニケーションを受ける事ができました

正直、信じる信じないは別にして母の心は軽くなりました。

櫻蘭の魂は、息を引取る1時間前に珊瑚や櫻蘭のご先祖が迎えに来てくれていて、
金色の光に包まれて一度は上っていったそうですが、途中で『チョッと待って』と戻ってきてくれ、
三週間の間母の傍に居てくれたそうです
小夏の顔を舐めたり、父・母のお膝にいたりして三週間経って、
『じゃぁ行くね』って、離れていったそうです。

今は珊瑚やお友達と遊んだりでいるそうです。
時々、思い出してくれればそれで良いとも言われました。

まだまだ寂しさ・悲しみはありますが、櫻蘭・珊瑚との楽しいを思い出を心に抱きながら、
サクンゴの時のようにこれから小夏との生活も楽しんでいきたいと思います

10/26の櫻蘭と最期のお散歩をした時の姿です

P_20171026_125603_3.jpg
posted by Sakura母 at 15:54| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
櫻蘭ちゃん、三週間もいてくれたんですね。
我が家のさくらがお星様になってから3年以上経ちますが、
いまだに寂しさと悲しさが残っています。辛いものです。
今度、アニマルコミュニケーションとやらを検索してみますね。
Posted by クール at 2017年12月16日 20:04
クールさん、お互い寂しいですね
さくらちゃんも、櫻蘭と同じように「忘れないでいてくれれば良いよ」って言ってると思います。
アニマルコニミュニケーション、
「う~ん・・・?」って感じることもありましたが、気持ちが落ち着きましたよ
Posted by Sakura母 at 2017年12月17日 22:39
コメントを書く
コチラをクリックしてください