2016年10月25日

珊瑚の最後の2週間 -原因不明-

6時に帰宅しひと眠りして11時にかかりつけの病院へ行くと、またガスが溜まってきているとの事だった。

レントゲン・エコーを見る限り、胃拡張だが、胃捻転はおこしていない。

原因が分からない。

かかりつけの病院で血液検査をするとリパーゼ・炎症マーカーの値が高く、入院して静脈点滴をすることになった。

24時間の静脈点滴が理想だが、夜は病院に誰も居なくなる為、連れて帰る事を希望し、
この日の診察時間最終の19時にお迎えに行った。

入院中、怪獣サンゴドンと化し、腕の点滴の管を取ろうとして何度もクルクル巻きになっていたらしい。
この姿を見て、病院サイドも夜のお泊まりは無理だと判断されていた。

日中、院長はバリウムを飲ませ胃捻転の可能性を調べてくれていた。
バリウムは幽門まで普通に流れるが、幽門で止まってしまった。
この結果、胃捻転は起こしていないが、幽門が塞がっていて、食べたものが腸に行かずに溜まり、
ガスが発生して胃拡張になっているのだろうとの診断だった。

何故、幽門がふさがっているのか? 

何か変な物を食べてしまって、幽門を塞いでいるのではないか?

治療方法として、内視鏡で調べて胃の中にあるものを取り出す事を提案される。

ただし、麻酔を掛ける為、珊瑚の腎臓の値を考えると厳しい状況ではある事を告げられる。

迷っている暇は無く、やるのならばすぐにでも行わなくてはいけない。

と、言われた。

とにかく、またお腹がパンパンになって苦しくなっているのが可哀そうなので、内視鏡をお願いして帰宅。

すぐにとりかかってくれ、21時には終わった事を知らせる電話をもらった。

麻酔から覚めて、2時間ほど様子を見て、11時過ぎにお迎えに行った。

珊瑚の意識はしっかりしていて、ヒンヒン泣きながら院長の腕の中で暴れていた。

珊瑚のお腹はぺったんこで、取り出せるものは出してくれ、幽門を塞ぐようなものは無く、
幽門が硬くなって食べ物が腸に流れなかったのだろうとの見解だった。

内視鏡で撮った珊瑚の胃を見せてくれたが、綺麗で腫瘍等はなかった。

何故、幽門が塞がってしまったのか?

ハッキリとした原因は分からない・・・が、

血液検査の値から推察すると、幽門の下にある膵臓が急性膵炎をおこして腫れ、幽門に影響を与えたのではないだろうか?

との事だった。

明日も静脈点滴をするので、診察時間の9時~21時迄の入院になった。


帰りの車中、やっとホッとしたんだろう珊瑚は母に抱っこされながら眠っていた。

珊瑚が麻酔から目覚めてくれて良かった。

このまま快復してほしいと、強く願った。
posted by Sakura母 at 17:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください