2017年11月16日

櫻蘭とのお別れ

10月28日土曜日の夜に旅立った櫻蘭
翌日は台風の大荒れのお天気だったので、翌々日に荼毘にふす事にしました。

10月29日日曜日は家族揃って家で過ごしました。
櫻蘭の毛色はきれいなゴールドで毛質は柔らかく、母の自慢でした
2001年11月18日に初めて櫻蘭を抱っこした時に「アンゴラだぁ」と思った程です
母は「サク、サクゥ~」って言いながら、櫻蘭の体に頬ずりするのが大好きでした。
スリスリする度に「母、ウザイ!!」って顔をされていました。
でも、スリスリできるのもあと少し・・・

お昼過ぎにミック家が櫻蘭に会いに来てくれ、
ミックママが大大大好きだった櫻蘭はとっても喜んでいたでしょう

10月30日月曜日、台風一過の青空が広がりました。
朝、小夏を連れてお散歩に行くと雨上がりの清々しい風が駆け抜けて行きました。
「あぁ・・・櫻蘭は風になったんだ」って確信しました。
小さな頃から走るのが速かった櫻蘭
ダックスの運動会に参加した時は、かけっこ競争で1位になった事もあった。
いっつもニッコニッコで走り回っていた
ピッカピッカ笑顔の珊瑚は『お日様の光』に
走る事が好きだった櫻蘭は『心地よい風』になって、母の傍に居てくれるんだと・・・

15時、珊瑚を荼毘にふした真了寺で同じ時間にお別れをしました。
この日、東京では木枯らし一号が吹き、櫻蘭は風に乗って青空を駆け上がって逝きました

骨壺に入って帰宅した櫻蘭は生前の時と同じで、珊瑚よりも一回り大きかった

IMG_0777 (2)_3.jpg


珊瑚は「サクちゃん、来たぁ~!!!」って大喜びで、
虹の橋でもサクンゴ並んで過ごしてくれていると思います。

櫻蘭、最後の姿です続きを読む
posted by Sakura母 at 21:53| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする