2013年06月29日

駒沢公園動物病院 -1-

駒沢公園動物病院は、歯科医療に力を入れている病院です。
ここで無麻酔で歯石取りをしてくれると知り、
初めて病院へ行ったのが3月中旬の事でした。

サクンゴは毎晩歯磨きをしていますが、
歯の内側や奥歯のケアが難しく歯石が付いていました。

診察してくれた院長からはサクンゴ共に無麻酔では歯石取りが出来ない状態である事を告げられ、レントゲンを撮ることに・・・。

レントゲン画像を見ながら、カルテに歯周病の部分を記入して歯を支えている力の割合を出し、歯周病治療で抜歯いた方がいい歯・しなくてもいい歯の説明を受けました。

確かにグラついていた歯がある事を認識していましたが、かかりつけの病院では「まぁ、自然に抜けるからそのままで」と言われており、然程気にしていなかったのです。

院長からは、歯周病菌の歯が隣の歯に悪さをするリスクがある事、抜歯するしないは飼い主の判断に任せるとのお話を聞き、診察室を出ました。

受付で手術日は月・火・金・土の週4日で、予約が取れるのは最短でも6月の上旬土曜日なら6月29日と3ヶ月も先である事を伝えられたのです・・・。
posted by Sakura母 at 16:33| Comment(0) | 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月06日

迷い犬 -運命-

朝一番で、保健所・動物愛護センター・管轄警察へ保護犬の届け出をした。

ダックス君に該当する迷子犬の届けは出ていなかった。

午後、Hさんのお宅にお邪魔した。

ピンポンの音に反応してワンワン言って出てきた先住犬ラブちゃんの
後を追いかけて、尻尾の上がったダックス君が走ってきた。

その姿を見ただけで、胸に熱いものがこみあげてきて・・・

Hさん宅にはDさんも来てくれていた。

Hさんは「この子の名前はショウにしました」と最初におっしゃった。
昨夜ダックス君を連れて帰宅すると、ご主人が
「名前はショウに決めたから」と名前を付けて待ってくれていたそうです。

0_001.jpg


ダックス君改め、ショウ君です続きを読む
posted by Sakura母 at 08:33| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月05日

迷い犬 -出会い-

診察室から出ると、ヨーキーを2匹連れたDさんが待合室にいた。
結膜炎になったヨーキーのさくらちゃんの再検査に来ていた。

Dさんはダックス君をみて、「可愛い子ね」と言ってくれた。
母が「迷い犬で、保護して連れて来たんです」と伝えると驚いていた。

毛ぶきの良いブラクリで、ハッキリしたタンに大きな目、
顔だけ見ると保護犬には到底見えないだろう。

Dさんはダックス君を抱っこしてくれ、骨と皮だけのガリガリの身体に触れて心を痛めてくれた。

「この子、どうするんですか?」と訊かれて、
「まず飼い主を探して、見つからなければ里親さんを見つけるつもり」と
話をした。
我が家ではマンションの規律で2頭までしか飼えず(一時預かりは可)、
この子を最後まで飼うことは出来ないのです。

Dさんは、長年犬を飼っており今のヨーキーさん達は4代目という愛犬家で、ご友人には保護団体でボランティアをしている人がいると言う。
「これも縁だから、良かったら紹介しますよ」ともおっしゃった後に、
「イヤ、ダックスを飼える人がいる。今、連絡してみるわ」と電話を掛けて下さったのだ。続きを読む
posted by Sakura母 at 17:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする