2013年06月30日

駒沢公園動物病院 -4-

帰宅したサクンゴは、ご飯を食べてすぐに眠った。
麻酔の影響と余程疲れたのと両方なのでろう。
その姿を見て、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいになった。
どうしてもっと体力のある時にやらなかったのだろう。
Sakuraの歯が抜け始めた時に治療を始めていれば、こんなにも負担を掛けなくてすんだのにと後悔したのです。。。

これから1週間、サクンゴが口に出来るのはドライフードとお水のみ。
おやつ・フルーツ・イモ類・ささみもダメで、
さらに1ヶ月間はオモチャで遊ぶ事も禁止です。

手術をして綺麗になった歯を見て「やって良かった!」と手放しで喜ぶ事は今は正直できません。
きっと、「やって良かった」と素直に思えるのは先の事になるでしょう。

Sakura・珊瑚、ごめんね・・・。

あと母が出来る事は、この状態をできるだけ保てるようにケアする事だけです。続きを読む
posted by Sakura母 at 10:34| Comment(2) | 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月29日

駒沢公園動物病院 -3-

手術前日は19時までに食事をさせ、以降はお水のみ。
当日の7時以降はお水もダメだった。

10時30分までに病院に連れて行き、術前説明を受けてお預けした。
手術は13時30分から始められ、1頭1時間~1時間30分位の手術時間らしい。

手術は押したが無事時に終わったとの電話連絡をもらい、夕方お迎えに行った。

院長は、

018.jpg


カルテに書き込みながら、処置と今後のケア方法の説明。
奥の部屋では、麻酔から目覚めていた珊瑚のヒンヒン鳴く声がしていた。
Sakuraは上臼歯2本・噛むのに影響の少ない奥歯1本を、
珊瑚は、下前歯5本・上前歯1本・上臼歯1本を抜歯。
手術が押した原因は、サクンゴ共に歯石が硬くてナカナカ取れず、時間がかかったからだった。
サクンゴは血の繋がりはなく、体質的なものではない。
フードも一般的なものだし、毎朝あげているヨーグルトが原因か?
とも思ったが、はっきりは分からなかった。

やっとサクンゴを連れて来てもらい、先に手術を終えていた珊瑚は元気だったが、後から手術したSakuraはまだ麻酔が残っている様子でボーっとしていた。
とにかく無事に手術が終わり、麻酔から目覚めてくれた姿を見てホッとしたのです。

017.jpg


1週間分の飲み薬と、歯石が付くのを防止する為のマウスウォッシャー・歯周病菌を抑制する為のジェルをもらい、1週間後に術後診察の指示を受けて帰宅した。
posted by Sakura母 at 18:30| Comment(0) | 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

駒沢公園動物病院 -2-

さて、どうしたものか?

サクンゴの年齢を考えると、麻酔をかけてまで治療する必要はあるのだろうか?

Sakura父は手術の必要なしとの考えでしたが、判断がつかない母は
取り合えず手術の予約だけをして3ヶ月間考える事にしたのです。

それから2ヶ月後の5月中旬、ご近所のダックス君の飼い主さんから
歯周病が原因で目の下から膿が出て抗生剤を投薬されている話を聞いたのです。

そしてその数日後には、サクンゴをトリミングに出した時にトリマーさんから、「Sakuraちゃん、右目の下が腫れていますよ。多分、歯から来ているとおもいますから、病院に連れて行って下さい」と言われてしまったのです。

かかりつけの病院に連れて行くと、やはりグラグラしている上の臼歯が原因との診断でした。
また、Sakuraは今年に入ってからクシャミをする事が多くその際に鼻水出ていた原因も上臼歯の歯周病が原因でした。

かかりつけの先生は、抗生剤が効かなければ抜歯を検討しましょうとの考えで、投薬をして様子を見る事にしたのです。

一週間投薬して腫れは治まりましたが、母は歯周病治療をする為に
駒沢公園動物病院で手術をする事を決めたのです。
posted by Sakura母 at 17:32| Comment(0) | 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする